知っていて損はない任意保険の特約の種類

任意保険にはいろいろな種類がある

任意保険には、対人賠償保険や対物賠償保険・搭乗者傷害保険などがあります。また、SAP(自家用自動車総合保険)やPAP(自動車総合保険)のようにいくつかの保険がセットになった保険もあります。任意保険は示談代行付き保険であるといわれていますが、たとえば、SAPでは対人・対物事故ともに示談交渉を代行してくれますが、PAPでは対人事故のみ示談交渉を代行してくれるという違いがあるので注意が必要です。

そして、これらの保険を選んだら、次にいろいろな特約を追加することができます。必要に応じて自分に必要だと思われる特約を選ぶことが大切です。では、どのような特約があるのか。ここでは便利だと思われる3つを紹介します。

任意保険にある3つの特約

1つ目は、弁護士費用特約です。これは示談が進展しなかった場合など弁護士に依頼をしたいときに、その費用を任意保険会社が負担するという特約です。負担してくれる費用は、相談料が10万円、総額で300万円までです。加入者以外にも、配偶者・子も利用することができます。

2つ目は、人身傷害補償特約です。これは、交通事故により死傷もしくは後遺症が発生した場合、被害者の過失割合に関係なく契約した保険金額を上限として全額支払われることです。人身傷害保険に加入していない方は、加入しておくのが良いかと思います。

3つ目は、他者運転危険担保特約です。これは、他人の車を運転し交通事故を起こした場合であっても、自分の入っている任意保険会社を使えるということです。これは、対人・対物・自損事故に対して使える特約です。

これ以外にも、たくさんの特約があります。どのように組み合わせるか難しいところですが、まずは一度任意保険の内容を見直すことから始めましょう。そして、新たな特約を追加することによって保険料が安くなる場合もあるので、加入している保険会社に相談することをオススメします。